深夜に酒類を提供する場合に必要な届出

2014-04-22

 
深夜0時~日の出までの間に酒類を提供する飲食店を経営する場合、

管轄の警察署に届出をしなければなりません。

 

深夜にお酒を提供する場合はどんな業種でも届出は必要?

いいえ。主に主食を常に提供する飲食業では届出をする必要はありません!

米、パン、麺、お好み焼きなどが主食に該当します。

ラーメン屋、牛丼屋などの場合はお酒を置いていても届け出る必要はありません。

 

居酒屋、バー、スナック、小料理屋などが該当します!

また、接待を伴うキャバクラなどの場合はこの届出ではなく、

風営法許可に該当します。

 

手続きの流れ

1.必ず最初に開業地が条例で定められた制限地域に該当していないか

調査・確認します。

2.内装工事を行い、必要書類を用意して警察署に申請します。

 

必要書類として、この時に飲食店営業許可証の写し

を提出するよう求められるため、早めに取得しておかなければなりません!

 

また詳細な平面図、求積図、設備図といったものを

提出しなければならないため、図面を描いたことのない方は

とても難しく感じると思います。

テーブルやイスの面積なども計算しなければなりません。

 

※必ず不動産を決める前に調査をしてください!

契約してからその場所が制限地域だと分かった場合

手遅れになる可能性があります!

 

toiawase

《業務対応地域》
(都道府県)
東京都 ・神奈川県・埼玉県・千葉県
(東京都市区町村)
千代田区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・中野区・杉並区・豊島区・北区
・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市・三鷹市
・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・八王子市・立川市・武蔵野市・小平市・日野市・東村山市
(東京都地域)
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・日本橋・練馬
・浜松町・原宿・永田町・日暮里・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺
・汐留・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
(神奈川県市区町村)
横浜市・川崎市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・相模原市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市
・伊勢原市・南足柄市・小田原市



Copyright© 2010 風俗営業許可サポートPRO All Rights Reserved.